スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共通するもの

異次元の話は小さいころ読んだ漫画など
いろんなところで聞き及びますが
宗教でもそうですね
神仙道の難しい本を読んだことがあるのですが
まるで異次元のようでした
仙界とは、そういう世界のかもしれませんね
あと神隠しもそうなのかもしれません

宗教は他にも創造のくだりが似通っているように思います
パンドラの箱はギリシャですが、りんごの話に似ています。
所詮人間の考えられることはそこまでなのだろうか

ところで、ぜんぜん違う話ですが
DNAミトコンドリアは女性にしか情報しか伝わらないそうです
男性にしか伝わらないY染色体もありますが
Yは壊れやすくミトコンに比べると安定していないそうです

ユダヤの民は女系を重視すると聞きましたが、
もしかしてそれを知っていた? 
なんて、まさかね(大昔は男系でしたし‥)
系統を大事にする民族なりの
歴史あるが故の知識だと思うのですが
‥どこかで何かひっかかってしまいます
それはユダヤの教えには長けた知恵が確かにあるからです。

上層部に関して言えば、陰謀論に見られるように
怪しいことをしていますね
カバラ等の魔術、次元の扉についても
何か僕らの知らない何かを知っているような
気がしてならないと、どうしても感じてしまうのです。

それが、果たして本当に存在するのかは解りませんが、
そういった魔術などを研究しているのは間違いないことだと
思います

僕なりの解釈になりますが
ヒトラーについてはあの時代のドイツ人がヒトラーに票をいれたのは
演説能力もあるでしょうが、それなりにドイツの人々が危機感を持っていたからだと
思っています。それを利用したともよく言われますし、ヒトラーはユダヤ人だったとも
よく言われていますが、あの貧しい時代、医者や先生という高給取りは
ユダヤ人が占めていたと聞くので本当に自然なことでなかったのか

そう考えると、ユダヤ研究をしたヒトラーが
上部が秘密裏に執着する魔術やチベットを
調べていたのはこれもまた自然なことだったように思えるのです

問題は、それが本当にあるのか、ないのか?

それを僕は知りたいと思う





スポンサーサイト

玉蔵さんに賛同します

僕はエイズやインフルエンザも人が作り出したものだと思っています
個人的には最近の精神薬にも陰謀の匂いがします。

医療系は間違いなく恐ろしい
そしてそれ以上に無知は恐ろしい、
せめて罠にかからないようにしなければと強く感じます
自分の身は自分しか護れないのだから

そんな僕が見ているおすすめhp↓

黄金の金玉を知らないか?
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/

玉蔵さんはいろんな裏情報を教えてくれます。
必ず本当の事があるので必見です。


玉蔵さんへ

玉蔵さん、いつも見てます(*^m^)
いつも有意義な情報をありがとうございます。
自分のブログから探して記事を載せてみました。
ちなみに初めてURLをこぴぺしたら、「ゴールデンタマタマ」だったんですねw
くふふと笑ってしまいました。本も面白かったです
いつも殺伐とした題材なのに、心があったかくなります
ありがとうございます

世界の構造は結構単純なものだけど、表に出てこないもの
これからも、いろいろ考えてゆきたいと思います

自由の底

ヒトの歴史は繰り返すものだ
あぶく銭を儲けようとも
それは幻にすぎずに、大きな渦に飲み込まれれば
誰でも一瞬にして無くし、また、得るであろう

マスゴミはヒトをその場しのぎの楽しみに
耽らせヒトの行動をはばむものである
思考力を奪うものである
個人の価値観を常識で縛るものである
そうして作り上げられた人間は
汚い世界を作る価値観を無意識に
吐き散らし無垢な価値観を殺害する

愛 夢 など、そのような耳障りのよい
言葉でもって…



解放されるのはいつか
無垢な魂が問いかける優しさを
忘れられずに記憶に留める

無知であり、盲目な汚れなき思想を
思う時、本来の魂と本当の意味での夢を
思い出します 

心、いかなるときも自由であれ

paparagi

暴落など、経済はドン詰まりの感じですが、
そんなとき「パパラギ」を読んでみた
前から持っていたのですが、友達に貸して、かえってきたところだったんで再読

どんな本か、ものすごい簡単に紹介すると、
文明をまったく知らない、未開の小さな島の酋長さんが、
文明社会であるヨーロッパを、旅行して文明人(パパラギ)社会を
見た感想です

この本は、すごい本です。実話です。
しいて言えば、どれだけ僕らの世界がひん曲がっているかを教えてくれる本です。
初めて読んだときも、思ったけれど、
僕自身も、洗脳されているんだなと思いました

靴一足。それすら自然の中では、必ずしも必要でないことを思い知る

今、自分の部屋を見渡しても、無駄なものが溢れている
手作りで、想い伝わるものなど、数えるほどもなく、しばし唖然とする

知らないうちに僕たちは家畜化されているんだろう

うちにいるクロは、すごいな
貴方はは何も持たず、それゆえ何も惑わされることがない
自己に正直でいられる、嫌いなものは嫌い
好きなものは好き、そうして10年以上もそうして生きている
くろいのは、「パパラギ」の中のあの島の人々のように、眼曇らず
着飾っていようが、着飾ってなかろうが、決して、接し方を変えない
動物も人間も、自然のままに、あるがままに生きてゆけば幸せなんだろう
わずらいが多く、夢に逃げ、欲しいものが沢山ある
自分を保とうと必至で、僕達は皆、生きてる
自分を保つことの意味が、なんなのか解らないままに
曇った目は虚構が現実だと信じて疑わないから

虚構はあらゆるところに、張り巡らされていて、考えてみれば
四六時中、その概念に振り回されている
何故、卑しむのか、何故羨ましがるのか、それは考えれば
心の回路さえも作り上げられたものであると、知ることができる

格差が、優越感が、見栄から来るものだと知っている
でもね誰もが、誰かより、得をしたいと思う心が、ない世界があるんだって知った
人の本質を信じれる気がしたんだ

子供の頃、質問マニアだった僕は、どうして空き地に自分の
秘密基地を作っては駄目なのか、とても不思議だった
その頃の僕は、今よりいくばか、物を教えられず、純粋な感じ方を
していたんだろう

空は誰のものか 海は誰のものか
そうだね、本当は誰の物でもあったんだと、この本は語る
パパラギがつくりあげた、全てのもの
聖書も、宗教も、常識も、当たり前という言葉もね

なんて小さな世界だろう、大きすぎる世界は、思想の塊
誰が決めたかパパラギルール
矛盾が生まれるのは、本来の生き方を忘れてしまった歪みゆえ
プロフィール

Author:saku
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。